FC2ブログ

Simutrans 102.2

最新のSimutrans 102.2とpak64 102.2、修正版の食糧生産pak、makeobj50が、公開されています。

Simutrans 102.2とpak64 102.2は、SourceForgeからダウンロードできます。
英語は駄目という方には、sourceforge.jpもあります。こちらのほうがダウンロードしやすいかもしれません。

今回は従来のpakのみ、GDI,SDLの基本セット、GDIとpak64がセットになったsimuwin-complete、それに加えて新しくWindows用のオンラインインストーラ版(simutrans-online-install.exe)も用意されています。ユーザインターフェイスは日本語で表示されます。
[10/19追記] オンラインインストーラ版を使用された方から、途中でフリーズするという不具合報告が多数あるようです。改めてテストしてみたところ、こちらの環境でもフリーズではないですが、タイムアウトすることもありました。原因や対処法は今のところよくわかりません。
この記事を参考にしてオンラインインストーラ版を試されて、うまくいかなかった方ごめんなさい。
GDIとpak64がセットになったsimuwin-completeが確実だと思います。

simuwin-complete-102-2.zip

オンラインインストーラ版をダウンロード後実行すると、インストーラが起動し、ダウンロードするexeとpakを選択できます。標準でGDIとoak64がデフォルトで選択されています。pak128.Britainとpak.germanが最近更新されている以外は、古いファイルのようですから、すでに新しいバージョンを持っている場合は、改めてダウンロードの必要はありません

バージョンナンバーはマイナーバージョンアップになっていますが、今回はかなり変更点が多いです。

3Dカーソル、スライスビュー、地下スロープなどにより、建設の自由度や操作性も上がっていますし、また町ごとに発展を一時停止させたり、マップ作成時に発展速度が設定できたり、完全に発展しないマップも作成できたりということで、箱庭的な遊び方をしている人には、待望の機能も追加されています。

注意点

  • 初回起動時に言語選択ダイアログが表示されることがありますので、選択してください。


主な新機能

  • Windows版のみですが、テキスト入力フィールドにフォーカスがある場合、[Ctrl+V]を使用してクリップボードから文字列を貼り付けることができるようになりました。Windows版のGDI,SDLともに有効です。
  • 3Dカーソルとスライスビュー(ハイトカットビュー)機能が追加されました。これにより、どの高さのオブジェクトも直接選択が可能になったため、従来のCtrlキーを押しながら選択で最上部が選択されるという機能はなくなりました。
    3Dカーソルのハイライト部分の色は「cursor_overlay_color」で設定できます。

    3Dカーソルは常に最上部が選択されます。その状態で少し下に移動させると下層が選択できます。背面に隠れて選択できない場合には、スライスビューに切り替えて、上層部を隠してしまうと簡単に選択できるようになります。

    スライスビューはpak64では、ツールバーのアイコンから切り替えることができます。[Ctrl+U]も使用できます。表示階層の上下はそれぞれ[+][-]キーに割り当てられています。現在表示されている階層はツールバーのアイコンで確認できます。表示ウィンドウからも操作できます。スライスビューからでも[Shift+U]を使い従来の地下モードに切り替えることもできます。

    pak64で使われているスライスビューへの切り替えツールはsimple_tool[15]にパラメーター「K」が指定されています。これはマウスカーソルの真下の高さをスライス表示します。ですからショートカットから使用する場合は便利なのですが、ツールバーのボタンを使用する場合には、ボタンの真下の高さが採用されてしまいます。
    パラメーターに「K」ではなく「C」を指定すると、クリックした位置の高さをスライスにすることができます。この場合は、ツールバーのボタンをクリックした後、もう一度スライスにしたい場所をクリックする必要があります。「C」を使用した場合、ツールバーのボタンをクリックし、[Shift+U]で地下モードに切り替えたあとで、クリックすることもできます。とても深い地下に一度で移動したい場合には、この方法が便利かもしれません。

  • スロープツールを使用して、線路/道路の終端をスロープにすることができるようになりました。地下での使用や、高架道路/高架線路での使用も可能です。
    現在のところ線路/道路専用のスロープツールはありませんので、既存のスロープツールをそのまま使用します。

    地下でスロープを多く使用する場合、スライスビューモードでは階層の頻繁な移動が必要なため通常は従来の地下モードのほうが便利かもしれませんが、スライスビューモードでは、海水面より下の土地にも線路/道路が建設できるようになりますので、海底が深すぎない場合には、海底トンネルも建設できます。

    従来の「にせもの」の海峡トンネルは、このバージョンからは動作しません。まだつくることは可能ですが、透明な橋のようにになり、中を通過している乗り物が空中に見えてしまいます

  • 架線ツール、地下でのトンネルツール、道路/線路の撤去ツールでも、線路/道路同様にドラッグして建設/撤去できるようになりました。

    架線ツールや撤去ツールは基本的に、信号の向きに従う必要があります。このためこれまでの2クリックでは、思わぬ方向に架線が建設されたりするトラブルがありましたが、ドラッグではプレビューで確かめながら操作できますので、もう失敗することはありません。

    pak64では架線撤去ツールも追加されています。このツールはgeneral_tool[33]に割り当てられています。使用する場合は引数にwaytypeの指定が必要です。

  • 高度な設定」ウィンドウができました。これは「新しいマップの作成」ウィンドウから開くことができます。新しいマップで使用する様々なルールをここで設定して、マップを作成することができます。項目は、simuconf.tabと同じです。

    全般タブには、新しいマップとは無関係に、変更が適用される項目が多くあります。たとえば自動保存、情報ウィンドウの表示/非表示、FPSといった項目を一時的に変更することができます。
    上部の「Simuconf.tab」ボタンはsimuconf.tab、cityrules.tabを読み込み直してリセットします。「Default.sve」ボタンは最後に新しいマップを作成した時の設定に戻します。ただし、マップサイズやマップ番号、気候の設定などは読み込まれないようです。

  • 街の詳細ウィンドウに「街を発展させる」ボタンが追加されています。このボタンをオフにすると、その街の自然発展を完全に止めることができます。オンにすれば再び発展させることができますので、一時的に使用することもできます。この設定はゲームに保存されます。

  • 市内建築物をクリックして、購入することができるようになりました。このツールはpak64では[Ctrl+K]に割り当てられています。購入した建物は、勝手に建て替えられることはありません。購入する際に建物のレベルに応じた費用がかかるほか、毎月の維持費も必要です。ただし、Level1の建物だけは費用も維持費もかからないようです。
    なお売却することはできません。

  • simuconf.tabに旅客/郵便の目的地、町の発展などのバランスを変更するための設定が追加されています。この設定もゲームに保存されますので、あとから変更はできません。
    passenger_multiplier, mail_multiplier, goods_multiplierはそれぞれの運送が発展に与える影響を変更します。すべての値を0にすれば、いくら運送しても一切町は発展しなくなります。
    growthfactor_villages, growthfactor_cities, growthfactor_capitalsは町の大きさが発展に与える影響を変更します。大きな値を使用して発展を遅くできます。それぞれ人口1000以下、10000以下、それ以上の町に作用します。
    factory_worker_percentage, tourist_percentageは旅客/郵便が、それぞれ工場、観光地へ向かう割合を変更できます。また、factory_worker_radiusは工場の労働者が居住する町の範囲を変更できます。

    古いバージョンで保存したゲームをこのバージョンで読み込むと、simuconf.tabに記述した値が適用されます。(この場合「高度な設定」で変更しても反映されません)
    これを一度保存してしまうと、あとからの変更はできません。

  • ゲームルールに「no_routing_over_overcrowded」が追加され、simuconf.tabで設定できます。デフォルトでは無効になっています。
    通常は出発駅が混雑している場合に駅に入ることができませんが、この設定が「1」の時には、出発駅に加え、目的駅までのすべての乗換駅の混雑もチェックされます。したがって乗換駅を倉庫代わりにして、駅の容量以上に貨物を溜め込んだりすることができなくなります。また旅客の場合も常に乗換駅の混雑に気を配っていないと、旅客がごっそりと減ってしまいます。
  • 乗り物の状態を示すツールチップの種類が増えました。また表示方法を「表示設定」ウィンドウで、3種類から選べるようになっています。表示方法は、「マウスオーバーで表示」「常に表示」「問題のある車両ののみ表示」の3つです。
    「問題のある車両ののみ表示」では従来どおり「経路なし」と「停滞」のみ表示されます。「マウスオーバーで表示」では、それに加え、乗り物をマウスオーバーした時にツールチップを表示します。表示されるのは、出庫、入庫、停止、積載などの場合です。これがデフォルトの設定になっています。「常に表示」ではマウスオーバーなしで、すべてのツールチップを表示します。

  • 路線ウィンドウに「すべて引退」ボタンが追加されています。これは選択した路線の編成すべてを降車専用にして回送し、空になった時点で売却するものです。 その時点で空の場合はすぐに売却されます。ボタンを再びクリックすると、まだ売却されていない編成の引退は、キャンセルされます。

  • 駅のアップグレードが限定的な条件で可能になっています。レベルの低いバス停やプラットホームの上に、それよりもレベルの高いものを直接建設できるようになります。
    この方法は、レベルが同じ場合には使えません。駅ビルや港もだめなようです。実際に使うケースは少ないかもしれません。
  • いくつかの環境音を使用することができるようになりました。13秒マウスカーソルが停止している場合に、マウスカーソル位置の気候に合わせた環境音が流れます。それぞれの気候の名前のwaveファイル(Water.wav、tropic.wavなど)とbeaches.wav、forest.wavをsoundフォルダに入れるだけで使用できます。
    ただ、ミキサーを使用しているSDLバージョンと違い、GDIバージョンでは音がとぎれとぎれになり、あまり耳障りのよいものではないかもしれません。
    また、カーソル周辺の音のボリュームが、それ以外の音に比べ大きくなっているようです。

GUIの変更点

  • メッセージ設定ウィンドウの左端の列に「すべて無視」するボタンが追加されました。このボタンのチェックをはずすと、その種類のメッセージはメッセージウィンドウを含めて、どこにも一切表示されなくなります。

  • ゲームの保存/再開ダイアログで現在使用しているpakセットのセーブゲームが優先的に表示されるようになりました。
  • ミニマップに旅客/郵便の目的地を表示するオプションが追加されています。この表示は「町の詳細」ウィンドウに表示されているものと同じで、目的地に到達可能な場合は黄色、到達不可能な場合はオレンジで表示されます。

    この表示は都市が選択されている場合(「街の詳細」ウィンドウが開かれている場合)にのみ表示されます。

  • グラフの向きが、従来の右から左と左から右とのどちらかを選択することができるようになりました。simuconf.tabの「left_to_right_graphs」で設定できます。

  • ミニマップがマウスホイールでズームレベルを変更できるようになりました。
  • 街の詳細ウィンドウの旅客/郵便の目的地を表示する地図が、ミニマップのようにクリックして移動が可能になっています。

その他の変更点

  • 選択標識/選択信号を使用したときに、長さの足りない駅/ホームには行かないようになりました。これまではendofchooseを使用する以外方法がありませんでした。

  • 公共プレイヤーの権限が変わり、すべてのプレイヤーのオブジェクトを取り除くことができるようになっています。
  • 新規マップ作成時に設定する「都市間道路の長さ」の単位が、実際の長さに変更されました。デフォルトは200で、pak64では70です。

    大きな値を設定しても、従来のような重複した道路たくさん造られて醜くなることはなくなりましたが、大きな値を設定すると、すべての都市を接続しようとするため、マップの作成時間が長くかかってしまいます。
    新規マップやAIが使用する橋の長さは「intercity_road_length」で最大長を設定できます。

  • 産業チェーンの建設時に、建設に適切な気候が見つからない場合に、気候条件を無視するようになりました。
  • 高架道路が運河を横断できない、運河/線路の上に建設できないなどの問題が修正されています。高架建設時のプレビュー位置のずれも修正されています。
  • 乗り物の編成数、駅、路線数が最大65535まで増やせるようになりました。、これまでは8192が上限でした。
  • pak64では、ゲームの保存、ゲームの再開など一部のショートカットキーが変更されています。必要な場合はゲーム内のキーボードヘルプで確認してください。
  • pak64で、Simutransの生みの親Hajoさんの記念碑が変更されています。

  • 言語ファイルの改行コードで、LF以外にもCRLFも使えるようになったようです。ただし、LFとCRLFが混在するような場合には、うまく動作しないようです。
  • makeobj50で線路の分岐ポイント(スイッチ)に3種類の画像が使用できるようになりました。単に外見の違いだけで、移動方向を制限するものではありません。また、トンネル内の線路/道路用の専用画像を指定できるようになりました。
  • skinフォルダが使用できます。各pakフォルダにmenu.WindowSkin.pakがない場合は、skinフォルダのに置かれたのmenu.WindowSkin.pakが使用できます。

« Simutrans rc102-2-1 «  | HOME |  » Simutrans 102.0 安定版

コメント

重宝しています。ご苦労さまですb

私も重宝しています、ありがとうございますっ。。

いつもありがとうございます。さっそく導入しました。
このほかに改善点として、
・走行中の列車に対する経路変更をしたときに車両が一時停止しなくなった
というのがあるかなぁと思いました。
ただ、他社の車庫をクリックした際に強制終了してしまうバグもあるみたいですね。どこに報告したらいいのか....

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://simutrans.blog37.fc2.com/tb.php/82-0a9044ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

« Simutrans rc102-2-1 « | HOME |  » Simutrans 102.0 安定版

プロフィール

o^3

Author:o^3

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

記事のタイトル一覧

全ての記事のタイトルを一覧

RSSフィード