FC2ブログ

月別アーカイブ: 2007年02月

碁盤の目状の町並み作りに挑戦(三日目)

碁盤の目状の町並み作りに挑戦(二日目)の続き。

続きを読む »

スポンサーサイト

pak128 最新版と単線信号

Simutrans 99.08.1で動作可能なpak128の最新バージョン 1.4.1が公式フォーラムで公開されています。また、pak128用の単線信号(LongBlockSignal)を含む新しい鉄道信号セットも公開されています。

Pak128 1.4.1 のダウンロード先

新しい信号セットのダウンロード先

Simutrans 99.08.1

最新の開発バージョン Simutrans 99.08.1が公開されました。公式フォーラムからダウンロードできます。

Simutrans 99.08.1 ダウンロード

今回はSimutrans 99.08の不具合の修正が中心で、実行ファイルのみの更新です。

2007-02-07T08:21:52+09:00 一部削除修正しました

単線信号を使ってみる

最初にお断りしておきます。前回新しい信号(LongBlockSignal)を「擬似閉塞信号」と呼んでいましたが、誤解を招きそうですので、当面「単線信号」と呼ぶことにします。

さて、単線信号をテストするために下図のような路線を作って実験してみました。

その結果わかったのですが、単線信号は「次に通過する信号」までのルートの状態を見ているのではなくて、「次に通過する信号の直前の駅(または中継点)」までのルートの状態しか見ていませんでした。

具体的にいうと、「A」を出発した列車が「中2」駅を出発した時点で、次の「A」駅からの列車が単線信号を通過します。これはチューズシグナルができる以前(88.06以前)のプレシグナルと同じ挙動です。

これは2つの問題を引き起こす可能性があります。

  • 先行列車が完全に単線区間から出てしまわない場合、デッドロックになる
  • 同じ方向からの列車ばかりが続けて進入してしまう

この2つの問題を解決するには、次の2つの方法のどちらかが有効です。

  • 「A」「B」駅の手前には信号を設置せず、「A」「B」駅の先に信号を設置する
  • 「A」「B」駅の手前の信号を編成が収まるように単線区間からの距離を離し、かつ信号の手前に中継点を設ける(信号と同じ場所だとだめなようです)

もう一つデッドロックを起こす可能性として下図のようなケースがあります。

単線信号はチューズシグナルのように線路をリザーブしません。リザーブするのはあくまで次の駅または中継点までです。その結果、たとえば「A」から「B」への各駅停車列車が進入した後でも、「B」から「中2」で折り返す列車は進入可能ですから、これはデッドロックを起こす可能性があります。このように意図的に問題を起こすことは容易です。

単線信号はかなり使用用途が限定されてはいますが、うまく利用すれば今まで実現不可能だったローカル線を再現することができるかもしれません。

Simutrans 99.08

最新の開発バージョン Simutrans 99.08が公開されました。公式フォーラムからダウンロードできます。

Simutrans 99.08 ダウンロード

今回も多くの機能の変更や追加が行われています。また、Vistaのユーザアカウントコントロールやマルチユーザでの使用に対応するための変更も行われています。

同時に新しいmakeobj 44も公開されています。

インストールと起動時の注意:

クリーンインストールが推奨されています。configフォルダの場所が、それぞれのpakフォルダ内に変更になっています。これがないとおそらく起動できません。

基本的に設定やセーブデータなどは、「マイドキュメント」フォルダ以下に保存されます。最初の起動時に「マイドキュメント」フォルダに「Simutrans」フォルダを作成します。

これまでどおり実行フォルダ内にデータを作成する場合は「 -singleuser」オプションを付けて起動する必要があるようです。「simuconf.tab」内の「singleuser_install」オプションも使用可能らしいですが、使い方がよくわかりませんでした。機能しているのかどうかも、まだ確認できていません。

おそらく不具合だと思われますが、「マイドキュメント\Simutrans\music\music.tab」がないと、起動時にクラッシュするようです。これを回避する方法をいくつか記述しておきます。

  • 「マイドキュメント」フォルダの「Simutrans」フォルダにインストールした場合には問題ありませんでした
  • 「マイドキュメント」フォルダ以外にインストールした場合、「 -singleuser」オプションを付けて起動すれば問題ありませんでした
  • 「マイドキュメント」フォルダ以外にインストールした場合、「 -nomidi」オプションを付けて起動すれば問題ありません
  • 「マイドキュメント」フォルダ以外にインストールした場合、「マイドキュメント\Simutrans\music\music.tab」ファイルが存在すれば問題ありませんでした
[2007-02-05T14:41:36+09:00 追記]
標準のpakフォルダ以外のpakセットを使用する場合には、「program_dir\config\simuconf.tab」 か 「マイドキュメント\Simutrans\config\simuconf.tab」で「pak_file_path = pak128/」のようにpakファイルのパスを指定するか、あるいは起動オプションで「-objects pak128/」のように指定してあげないと、pakフォルダが見つけられずにクラッシュします。

続きを読む »

2007年01月の記事へ « | HOME | » 2007年03月の記事へ

プロフィール

o^3

Author:o^3

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

記事のタイトル一覧

全ての記事のタイトルを一覧

RSSフィード